ももたろう文章術(主な対象は技術系公務員です!)
緊急発表! 筆記試験に向けてテクニックを紹介。業務にも役に立ててください。  後日HPに作り直します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ももたろう」のあらすじ
(あらすじ)
・昔ある所におじいさんとおばあさんが住んでいた。
・おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行った。
・ある日、おばあさんが川で洗濯していると、桃が つんぶく かんぶく と流れて来たので拾って食べてみたら美味しかった。おじいさんにも食べさせたいと「美味い桃、こっちゃ来い。苦い桃あっちゃ行け。」と桃に言うと、大きい美味そうな桃がこっちへ流れて来た。
・晩方、しまっておいた桃をふたりが割ろうとすると、桃がじゃくっと割れて中からかわいい男の子が ほおげあ ほおげあ っと生まれた。
・おじいさんとおばあさんは大騒ぎをし、桃から生まれたので「ももたろう」と名付けた。
・ふたりしておかゆや魚を食べさせて育てると、一杯食べると一杯だけ、二杯食べると二杯だけ、三杯食べると三杯だけ、大きくなった。
・一を教えれば十までわかる、力持ちで賢い子に成長した。
・ある日、一羽のからすが家の庭で鬼があちこちの村で塩や米を取り、姫をさらって行ったと鳴いて教えた。
・それを聞くとももたろうは、おじいさんとおばあさんに鬼が島に鬼退治に行きたいので、日本一のきび団子を作って欲しいと両手をついて頼んだ。
・おじいさんもおばあさんも止めたが、ももたろうが聞かないので仕方がなく、おじいさんとおばあさんは、日本一のきびだんごをどっさり作り、新しい鉢巻き、袴、刀、そして『にっぽんいちのももたろう』と書いた旗を準備して送り出す。
・村はずれで犬に出会う。「ももたろうさん、勇んで何処へお出掛けですか。」「鬼が島へ鬼退治。」「腰に付けた物は何ですか。」「日本一のきび団子。」「一つ下さい。お供します。」「それではお前に分けてやろう。これさえあれば十人力。」
・こんなやり取りがあり犬はお供になる。
・山の方で猿と、山奥にはいって行ききじと出会い、それぞれ同様にきびだんごをひとつ分けてお供になる。
・皆で、だんごを食べ食べ山超え、谷超え、海越えて鬼が島に着いた。
・門の所にいた小さい青鬼とそこらにいた鬼達は大騒ぎして奥に逃げて行く。鬼の大将は酒盛りの真っ最中だった。
・鬼達は次々掛かって来たがももたろう達は十人力の日本一のきびだんごをどっさり食べているので片っ端から鬼をやっつけてしまった。
・鬼の大将は降参し、泣いて命乞いをする。
・鬼はお詫びの印に宝物を差し出すが、ももたろうは宝よりも姫を返せと言い 鬼は「はいはい」とお姫様を返した。。
・それからは 鬼どもは来なくなり、ももたろうは助け出したお姫様をお嫁にもらって おじいさん、おばあさんといつまでもしあわせに暮らした。

(あらすじの出展)
ももたろう (日本傑作絵本シリーズ) (ハードカバー)
まつい ただし, あかば すえきち

無理やり未来の日付にしています。

テーマ:資格を取ろう! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanegahosii.blog80.fc2.com/tb.php/6-98db4360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。