ももたろう文章術(主な対象は技術系公務員です!)
緊急発表! 筆記試験に向けてテクニックを紹介。業務にも役に立ててください。  後日HPに作り直します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8 文章に盛り込めること
 論文で多数の話を一度に展開することは難しいと思います。 一般的には課題3つが限度でしょう。

 日本むかし話の代表「ももたろう」では主人公+3匹で展開します。課題4つでしょうかね。

 日本昔話で多人数で展開する話は「ちからたろう(こんびたろう)」ぐらいだと思います。主人公込みの3人ですし、その程度であれば理解し易いと思います。

 ちなみに、ヨーロッパの昔話でも3人程度がMAXです。主人公込みの7人で展開する昔話もありますが、冗長すぎて面白くありません。

テーマ:資格を取ろう! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kanegahosii.blog80.fc2.com/tb.php/11-935ba7a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。